コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平維茂 たいらのこれもち

5件 の用語解説(平維茂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平維茂
たいらのこれもち

平安時代中期の武将。陸奥守繁盛の子。叔父貞盛の養子となり,のちみずから鎮守府将軍と号したので,「余五将軍」と呼ばれた。信濃守,出羽介を歴任。藤原師種を滅ぼしてから,その威名があがった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいら‐の‐これもち〔たひら‐〕【平維茂】

平安中期の武将。叔父貞盛の養子となったが最年少で、順位が15番目にあたり、世に余五とよばれた。山城の鬼女退治など武勇伝説がある。余五将軍。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平維茂 たいらの-これもち

?-? 平安時代中期の武人。
平兼忠の子。平貞盛の15男として養子にはいり余五(よご)将軍とよばれた。貞盛の陸奥(むつ)での勢力をつぎ,11世紀はじめごろ豪族藤原諸任(もろとう)を討ち,鎮守府将軍となった。信仰心あつく,源信に帰依(きえ)した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たいらのこれもち【平維茂】

平安時代前期の武将。生没年不詳。桓武平氏平国香の次子繁盛の孫。兼忠の子。平貞盛の十五男として養子になったので,のちに余五将軍とよばれた。従五位上に叙し,信濃守,出羽介に任じ,陸奥国に所領をもち本拠とした。みずからは鎮守府将軍を称した。《今昔物語集》に藤原秀郷の孫諸任と合戦する維茂の話がある。維茂の子出羽介繁茂は,のちの越後城氏の祖となった。【小田 雄三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいらのこれもち【平維茂】

平安中期の武将。貞盛の一五男として養子になったので、世に余五将軍と称され、また鎮守府将軍と自称。東国の豪族藤原諸任と戦った。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平維茂の言及

【紅葉狩】より

…シテは戸隠(とがくし)山の鬼神。平維茂(たいらのこれもち)(ワキ)は信濃の戸隠山に鹿狩に出かけ,紅葉狩を楽しむ美しい女性たち(前ジテ・ツレ)の一行を見かける。誘われるままにその酒宴の席に加わった維茂は,杯を手にして女の舞に見とれているうちに眠りにおちいる(〈クセ・序ノ舞(または中ノ舞)・急ノ舞〉)。…

※「平維茂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平維茂の関連キーワード桓武平氏平氏坂東八平氏八平氏河崎重家河崎基家平潔行平住世平安典高見王

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平維茂の関連情報