平衡器官(読み)ヘイコウキカン

百科事典マイペディアの解説

平衡器官【へいこうきかん】

平衡感覚受容器。脊椎動物では内前庭にある球形嚢と卵形嚢で,前庭器官ともいう。両嚢は各1個の平衡斑という感覚上皮をもち,ここに前庭神経の枝が分布する。平衡斑には平衡毛をもつ有毛細胞が集まり,その上に多数の平衡石を含む平衡膜が載っている。重力の作用と頭部の位置の変化により,平衡石が動いて有毛細胞に影響を与え,頭の傾きと直進加速度を感受する。また半規管も主として回転加速度を感受する平衡器官。無脊椎動物では平衡胞のほか,水生昆虫感覚毛,双翅(そうし)目昆虫の平均棍(こん)なども平衡器官の一つともいわれる。
→関連項目内耳めまい

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

へいこうきかん【平衡器官】

主として地球の重力に対応して平衡感覚をつかさどる器官。脊椎動物では内耳にある前庭器官の通囊および小囊と半規管。無脊椎動物(ゾウリムシ・ウニ・昆虫を除く)では平衡胞。平衡感覚器官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へいこう‐きかん ヘイカウキクヮン【平衡器官】

〘名〙 平衡感覚の受容器の総称。中にある固体や液体が重力や慣性によって動くのを感覚毛によって感受する。無脊椎動物では平衡嚢、脊椎動物では内耳の前庭装置と半規管である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の平衡器官の言及

【外耳】より

…進化的にみれば,外耳は中耳およびエウスタキオ管(耳管ともいう)とともに,祖先である原始魚類の前方鰓孔(えらあな)に由来したもので,サメのもつ呼吸孔(退化した鰓孔)と相同のものである。したがって魚類では,耳は主として平衡器官であって,外耳や中耳は存在しない。聴覚器としての耳は両生類以上の動物が備えるが,両生類では鼓膜は体表の皮膚と同じ面に張っているので,外耳は形成されない。…

※「平衡器官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android