コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半規管 はんきかん semicircular canals

5件 の用語解説(半規管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半規管
はんきかん
semicircular canals

三半規管ともいう。脊椎動物の内耳にあり,平衡感覚を司る器官。半環状の3つの管があり,それぞれ前半規管,外側半規管,後半規管という。これら3つの半規管は,互いに直角をなす面上にあり,この配列によって三次元空間における運動の方向が感知されると考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はんき‐かん〔‐クワン〕【半規管】

脊椎動物の内耳にある平衡感覚器の一部。半円(半規)をなし、円口類は1~2個もつが、そのほかでは3個あるので、三半規管という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

半規管【はんきかん】

脊椎動物の内耳にある平衡器官。ふつう3個の互いに直交する半環状の管がかたい骨質に囲まれているので三半規管呼ばれるが,ホソヌタウナギでは1個,ヤツメウナギ類では2個しかない。
→関連項目内耳平衡感覚めまい

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

はんきかん【半規管】

脊椎動物の内耳にあり、前庭とともに平衡感覚をつかさどる部分。円口類以外は三個の半円形の管から成るので、三半規管といい、それぞれの内腔を満たすリンパ液の動きにより、回転および加速運動を感知する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半規管
はんきかん

脊椎(せきつい)動物の平衡感覚器の一部で、ヒトでは側頭骨岩様(がんよう)部の内部にある内耳の膜迷路に属する構造物である。膜迷路は、これとまったく同じ形の骨迷路に囲まれ、完全に閉じられた管構造である。迷路の後方が半規管を形成している。迷路の中央部には卵形嚢(のう)と球形嚢とよぶ構造があり、この両者と半規管とで平衡覚部を構成している。半規管は、前半規管、後半規管、外側半規管の3本からなっており、これを三半規管という。いずれの管もC字形で、互いに直角となる方向を向いており、それぞれの管の両端は卵形嚢に開いている。前半規管は側頭骨の錐体(すいたい)の長軸に直角方向、後半規管はこの長軸と平行方向、外側半規管は水平面で外側方向に向いている。半規管の太さは直径0.3~0.5ミリメートルで、半規管の内腔(ないくう)にはリンパ液が満たされている。各管が卵形嚢に開口する部分には、各管に1個ずつの膨大部があり、この部分の内面にはC字形の高まりがある(これを膨大部稜(りょう)とよぶ)。膨大部稜には感覚上皮が配列しており、管腔内のリンパ液の流れによって感覚上皮が刺激されると、体の回転感覚が生じる。
 脊椎動物の場合、半規管は円口類の1~2個を除くと、ほかはすべて三半規管となる。骨半規管は膜半規管とまったく同形であり、前・後・外側半規管を備えているが、その太さは膜半規管の4~5倍である。骨半規管は、5個の開口部で前庭とよばれる部分に開口するが、この前庭には卵形嚢と球形嚢とが収まっている。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の半規管の言及

【三半規管】より

…耳のいちばん奥にある内耳の一部を形成している三つの管状器官。内耳には音を感ずる蝸牛,身体の平衡感覚に関係する前庭・三半規管がある。前庭vestibuleが直線加速度・重力・遠心力などを感受するのに対し,三半規管は回転加速度刺激を感受している。…

【耳】より

…内耳は刺激を受容する中心的部分で,最も奥深く位置し,進化的にみて最も由来が古く,すべての脊椎動物が例外なく備えるものである。内耳の実質をなすのは〈迷路〉と呼ばれる複雑な囊状の構造で,これは動物のグループによってかなり異なるが,一般的には〈卵形囊〉とそれに付属した半円形の管である〈半規管〉,および〈球形囊〉とそれから伸びた〈蝸牛(かぎゆう)管〉という4部の中空の小囊から成る(ただし下等脊椎動物は蝸牛管をもたない)。卵形囊と球形囊は内耳の中心部をなし,これらをあわせて〈前庭〉という。…

※「半規管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

半規管の関連キーワード血リンパ原索動物排卵無脊椎動物触覚器官平衡石視覚器官微胞子虫目脊椎動物血管系脊椎動物門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

半規管の関連情報