年魚市潟(読み)アユチガタ

デジタル大辞泉の解説

あゆち‐がた【年魚市潟】

名古屋市南区辺りの、かつては入り海であった一帯。[歌枕]
「桜田へ鶴(たづ)鳴き渡る―潮干にけらし鶴鳴き渡る」〈・二七一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あゆちがた【年魚市潟】

名古屋市南区辺りにあった入り海。⦅歌枕⦆ 「桜田へ鶴たず鳴き渡る-潮干にけらし鶴鳴き渡る/万葉集 271

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年魚市潟
あゆちがた

吾湯市(あゆち)、愛智とも書き、愛知県の県名のもととなった。入り江のこと。地名研究者の鏡味(かがみ)完二によれば、熱田(あつた)、御器所(ごきそ)両台地の間の波静かな入り江という。古来、歌枕(うたまくら)の地として知られ、『万葉集』には「年魚市潟潮干(しほひ)にけらし知多(ちた)の浦に朝漕(こ)ぐ舟も沖に寄る見ゆ」「桜田(さくらだ)へ鶴(たづ)鳴き渡る年魚市潟潮干にけらし鶴鳴き渡る」と詠まれている。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android