幻境(読み)げんきょう

  • げんきょう ‥キャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 仏語。あたかも実在するように見えるまぼろしの境界(きょうがい)。また、そのような対象世界。
※米沢本沙石集(1283)五末「六塵の幻境(ゲンキャウ)をまよへるによる」 〔巨力長者所問大乗経‐中〕
② 接している事物がまぼろしのように思われる境地。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「唐山の演義小説に做ひ多くは憑空結構(ひゃうくうけっこう)の筆に成。閲者(みるもの)理外の幻境(ゲンキャウ)に遊ぶとして可なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android