コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲン

デジタル大辞泉の解説

げん【幻】[漢字項目]

常用漢字] [音]ゲン(呉) [訓]まぼろし
まぼろし。「幻影幻覚幻視幻想幻聴幻滅夢幻
まどわす。目くらまし。「幻術幻惑変幻

まぼろし【幻】


実際にはないのに、あるように見えるもの。また、まもなく消えるはかないもののたとえ。幻影。「死んだ母のを見る」「のようにはかない人生」
その存在さえ疑わしいほど、珍しいもの。「の名馬」
幻術を行う人。
「たづね行く―もがなつてにても魂(たま)のありかをそこと知るべく」〈桐壺
源氏物語第41巻の巻名。光源氏52歳。紫の上と死別後、その一周忌法要を済ました源氏は、出家意向を固めて身辺の整理をする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

広島県、中尾醸造株式会社の製造する日本酒

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

まぼろし【幻】

実体がないのにあるかのように見えるもの。また、すぐ消え去るはかないもののたとえ。 「こちらへ歩いて来ると見えたのは-だったのだろうか」 「恋しい人を-に見る」
実際にあることが確かめられないもの。 「 -の名画」
幻術を使う者。 「大空を通ふ-夢にだに見えこぬ魂の行方尋ねよ/源氏
源氏物語の巻名。第四一帖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

幻の関連キーワード東京都八王子市上川町井上因碩(11世)東京都青梅市住江町滋賀県大津市国分ヘルマスの牧者シシレンジャー生目覚まし難治性疼痛降り増さる幻滅の悲哀月舟寿桂通幻寂霊遠谿祖雄塞き敢ふ乾闥婆城夢幻泡影まぼろし大拙祖能門を広ぐ茶箱広重

幻の関連情報