コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幽門狭窄症 ゆうもんきょうさくしょうpyloric stenosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幽門狭窄症
ゆうもんきょうさくしょう
pyloric stenosis

胃と十二指腸の境界部にある幽門が狭窄し,食物の通過障害をきたす状態をいう。症状としては,嘔吐を主徴とし,食欲不振,体重減少,脱水,栄養不良を伴う。胃潰瘍十二指腸潰瘍,幽門癌などによって幽門の内腔が狭窄することが多い。このような器質的狭窄のほかに,幽門のけいれん性収縮,炎症などによる機能的狭窄もみられる。このほか,日本には少いが,乳児の先天性肥厚性幽門狭窄症がある。機能的狭窄は,安静,食餌療法制酸剤鎮痙剤などで内科的に治療するが,高度な器質的狭窄には手術が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

幽門狭窄症の関連キーワード先天性幽門狭窄症赤ちゃんの世話胃の形態異常ダウン症候群胃腸吻合術幽門狭窄