幾何学的精神(読み)きかがくてきせいしん(英語表記)esprit géométrique

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幾何学的精神
きかがくてきせいしん
esprit géométrique

パスカルの言葉。ブランシュビック版『パンセ冒頭繊細の精神と対比して語られ,また『幾何学精神について』という小論もある。精神の働きのうち,抽象的原理より出発して方法に従って厳密な演繹的推論を行う理性的側面をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きかがくてきせいしん【幾何学的精神】

〘哲〙 パスカルの考えた人間精神の類型の一。少数の公理から世界を演繹えんえきする幾何学的方法に示されるような合理的認識能力。 ⇔ 繊細の精神

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きかがくてき‐せいしん【幾何学的精神】

〘名〙 (esprit géométrique の訳語) パスカルの用語。幾何学におけるように、いっさいの事柄を定義し証明していこうとする考え方。人間的な事柄の機微を一挙に見てとる繊細の精神と対立する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android