コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広告税 こうこくぜい

1件 の用語解説(広告税の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうこくぜい【広告税】

一定の広告媒体を通じて行われる広告に対する税。税制調査会も国税新税の候補として広告税を検討したことがあるが,広告の有する経済的な機能や国民の消費生活への寄与,執行面の問題などを考慮して,地方税制上の法定外普通税とされ,1981年度現在においては,7市町村が広告税を課税し,その合計収入額も8.6億円にすぎなかった。90年,全市町村で廃止された。【林 正寿】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone