広域緊急援助隊(読み)こういききんきゅうえんじょたい

日本大百科全書(ニッポニカ)「広域緊急援助隊」の解説

広域緊急援助隊
こういききんきゅうえんじょたい

大規模災害にあたり警察庁が都道府県警察の枠をこえて救援活動に即応体制をとるために1995年(平成7)6月に発足させた組織。被災状況の把握に手間取り、6000人をこえる死者をだした阪神・淡路(あわじ)大震災(1995年)への反省から生まれた組織で、警察庁が全国の機動隊員、交通機動隊員などから約4000人を隊員として指定しておき、災害発生時には災害規模などに応じて、速やかに周辺の警察本部を中心に隊員を招集、ヘリコプターなどで被災地に乗り込んで活動体制に入ることになっている。通常の交通、通信網が寸断された被災地で、初動段階で活発な活動を展開することが期待されている。このため、援助隊にはレスキュー車、生存者探査機、ファイバースコープ、通信車などの救出救助用の資機材が備えられている。

[西田 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「広域緊急援助隊」の解説

こういき‐きんきゅうえんじょたい〔クワウヰキキンキフヱンジヨタイ〕【広域緊急援助隊】

国内で大規模な災害や事故が発生した際に、都道府県の枠を超えて出動し、災害警備活動に従事する警察の部隊。被災情報の収集や被災者の救出救助などを行う警備部隊、交通情報の収集や緊急交通路の確保などを行う交通部隊、検視・身元確認などを行う刑事部隊で構成される。平成7(1995)年の阪神淡路大震災教訓に、全国の都道府県警察に設置。平成24年(2012)から警察災害派遣隊の即応部隊に位置づけられている。広緊隊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android