コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広岡久右衛門(9代) ひろおか きゅうえもん

2件 の用語解説(広岡久右衛門(9代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広岡久右衛門(9代) ひろおか-きゅうえもん

1844-1909 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)15年9月28日生まれ。8代広岡久右衛門の3男。兄の早世で家督をつぐ。為替会社通商会社の惣頭取などをつとめ,明治21年加島銀行を創立,頭取。35年大同(だいどう)生命保険初代社長。堂島米穀取引所理事長。明治42年6月20日死去。66歳。大坂出身。名は正秋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

広岡久右衛門(9代)

没年:明治42.6.20(1909)
生年:弘化1.9.28(1844.11.8)
明治時代の実業家。大坂の代表的な両替商加島屋久右衛門家第9代。第8代久右衛門(正饒)の3男。大坂土佐堀生まれ。幼名は文之助,のち正秋。兄喜三郎の早世のため早くから家督を相続,明治天皇が京都から東京に移ったとき,御用掛を務める。明治1(1868)年,政府紙幣である太政官札発行に際して,鴻池善右衛門らと共にその流布に尽力した。2年には大阪為替会社および大阪通商会社の惣頭取となる。21年には加島銀行を創立,その頭取となった。翌22年に初の大阪市会議員となり,市参事会員に推挙された。35年に護国生命,北海生命が合併して大同生命保険株式会社となり,初代社長に就任。36年には堂島米穀取引所理事長となった。

(作道洋太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広岡久右衛門(9代)の関連キーワード両替商加島屋鴻池善右衛門両替屋銭店大西伍一郎左右田金作殿村平右衛門(初代)殿村平右衛門(8代)平野屋五兵衛(初代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone