コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広島電鉄 ひろしまでんてつ

3件 の用語解説(広島電鉄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広島電鉄
ひろしまでんてつ

広島県内および島根・山口両県にわたるバス路線,広島市内での路面電車および鉄道を有する私鉄会社。 1910年に創立され 12年から広島市内で路面電車の運行を開始した広島電気軌道を前身に,42年設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

広島電鉄

1910年に前身の広島電気軌道が創業、42年に広島電鉄に。広島市内を中心に、グループで路面電車やバス、不動産業、流通業を展開。総営業距離は電車35・1キロ、バス1496・5キロ。2014年3月期の売上高は397億円、営業利益は8億円。

(2014-06-26 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

広島電鉄

正式社名「広島電鉄株式会社」。通称「広電ひろでん」。英文社名「Hiroshima Electric Railway Co., Ltd.」。陸運業。昭和17年(1942)設立。本社は広島市中区東千田町。鉄道・軌道・バス会社。広島市内を走る路面電車が有名。主力は路線バス子会社で流通・建設・ホテル業などを展開。東京証券取引所第2部上場。証券コード9033。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広島電鉄の関連キーワード京王電鉄広島銀行神戸電鉄広島電鉄本線広島電鉄宮島線ソルコムノジマ阪急阪神ホールディングス越後交通江ノ島電鉄

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広島電鉄の関連情報