コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬善順 ひろせ ぜんじゅん

1件 の用語解説(広瀬善順の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬善順 ひろせ-ぜんじゅん

1900-1984 大正-昭和時代の尼僧。
明治33年4月23日生まれ。浄土宗。15歳で得度,京都や岐阜の寺で修行。昭和37年京都嵯峨野の直指(じきし)庵の庵主となる。庵をおとずれた人の悩みの相談にのり同庵は「駆け込み寺」として知られる。また来訪者が悩みを自由にかいたノート想い出草」が出版された。昭和59年3月31日死去。83歳。京都出身。俗名ははな。著作に「陽炎(かげろう)の記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

広瀬善順の関連キーワード麻田弁自大宮智栄浅野孟府一条尊昭九条日浄愚仁尼久保田鶴松中村仙巌尼水野常倫尼了然尼

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone