コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬善順 ひろせ ぜんじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬善順 ひろせ-ぜんじゅん

1900-1984 大正-昭和時代の尼僧。
明治33年4月23日生まれ。浄土宗。15歳で得度,京都や岐阜の寺で修行。昭和37年京都嵯峨野の直指(じきし)庵の庵主となる。庵をおとずれた人の悩みの相談にのり同庵は「駆け込み寺」として知られる。また来訪者が悩みを自由にかいたノート「想い出草」が出版された。昭和59年3月31日死去。83歳。京都出身。俗名ははな。著作に「陽炎(かげろう)の記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

広瀬善順の関連キーワード昭和時代大正尼僧

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android