コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

店卸(棚卸) たなおろし

世界大百科事典 第2版の解説

たなおろし【店卸(棚卸)】

商人が決算の際,商品の在高(ありだか)を実地に,あるいは帳簿上で検分すること,もしくはこれを評価することをいう。西鶴《世間胸算用》に〈帳綴,棚おろし,納め銀の蔵びらき〉,同《万の文反古》には〈財宝の外金子ばかり九千両,この正月の棚おろしに見え申候,金なくて金はまうけられぬ浮世に候〉とある。近江日野の矢野久左衛門家の1883年〈店勘定雛形〉には〈店卸ハ毎年月三十日ヨリ翌年月三十日ヲ以テ一期トシ,更ニ店卸帳ヲ製シ,一期差引ヲ為シ損益ヲ計リ,其帳ニ明確ニ記載シ〉とある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android