コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康俊 こうしゅん

2件 の用語解説(康俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康俊 こうしゅん

?-? 鎌倉-南北朝時代の仏師。
運慶の6男運助の子といわれる。慶派の正流をつぎ,南都興福寺大仏師と称す。正和(しょうわ)(1312-17)のころから奈良を中心に活躍した。遺作は京都浄瑠璃(じょうるり)寺の不動三尊像や,大分永興寺の持国天像・広目天像など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こうしゅん【康俊】

鎌倉末~南北朝期の慶派の仏師。生没年不詳。南都興福寺大仏師として1358年(延文3)までに法印となり,晩年には東寺大仏師を称した。1315年(正和4)の奈良長弓寺宝光院の地蔵立像から69年(応安2)兵庫福祥寺不動明王像まで十数体の像を造立。彼の作はほとんどが九州や岡山,兵庫など西日本に所在する。作風は形式化しているが,なお慶派の伝統をとどめ,大分永興寺四天王像のような復古的な作も造っている。彼は南朝の護持僧として知られる醍醐報恩院の文観と関係が深く,般若寺文殊菩薩像(1324)は文観の発願になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

康俊の関連キーワード院派慶派七条仏所定慶智永劉徽雪村三原物弘円宗慶(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

康俊の関連情報