コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金峯山寺 きんぷせんじ

5件 の用語解説(金峯山寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金峯山寺
きんぷせんじ

奈良県吉野町所在の金峯山修験本宗。役小角 (えんのおづぬ) の創立と伝えられ,修験道の本山として栄え,山伏修行道場として有名。本堂 (蔵王堂) は室町時代の建築であるが,桃山時代の手が入っている,裳階 (もこし) つきの大建築。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金峯山寺【きんぷせんじ】

奈良県吉野郡吉野町にある金峯山修験本宗の本山。役行者(えんのぎょうじゃ)の開創と伝えられ,中世には修験道(しゅげんどう)の根本道場であった。また興福寺に属していたが,明治期には天台宗に属した。
→関連項目毛彫山伏吉野山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

金峯山(きんぷせん)寺

奈良県吉野郡吉野町にある寺院。7世紀後半の創建とされる。金峯山修験本宗総本山、本尊は蔵王権現。本堂は国宝に指定。「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコ世界文化遺産に登録。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きんぷせんじ【金峯山寺】

奈良県吉野郡吉野町にある修験道金峯山派の本山。吉野山にある本堂蔵王堂は東大寺大仏殿につぐ木造建築物として有名である。寺伝では役小角(えんのおづぬ)の開基とするが確証はない。しかし奈良時代に広達が金峰山で仏道を修し,平安時代には山居禅行を修める山として著名であった。898年(昌泰1)に宇多法皇は金峰山に参詣,聖宝は当寺に蔵王像,観音像を造立した。平安時代中期になると御岳精進(みたけそうじ)という言葉が流行し,潔斎を行って参詣するものが多くなり,漸次寺観も整備,寺勢も強大化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金峯山寺
きんぷせんじ

奈良県吉野郡吉野町吉野山にある金峯山修験本宗(しゅげんほんしゅう)の総本山。国軸山(こくじくさん)金峯山寺と号する。修験道の根本道場であったが、明治の廃仏棄釈によって天台宗に属し、第二次世界大戦後に大峯(おおみね)修験宗、1952年(昭和27)現在の宗派名に改めた。本堂を蔵王(ざおう)堂と称するところから、通称を蔵王堂とも、また金輪王寺ともいう。金峯山は金御岳(かねのみたけ)の意で、吉野山から山上ヶ岳(さんじょうがたけ)までの山並みをさし、吉野山上にある本堂は金峯山寺の山下蔵王堂であり、山上ヶ岳にある本堂は金峯山寺の山上蔵王堂で、大峯山寺とよばれている。歴史的には山上ヶ岳南の小篠(おざさ)からさらに奥の熊野までの山々を大峯山(大峰山)と称し、修験者の大峯奥駈(おくがけ)修行(大峯詣(まい)り)の対象とされる。
 当寺の創建年代は明らかでないが、寺伝では、673年(天武天皇2)役行者(えんのぎょうじゃ)(役小角(えんのおづぬ)、神変大菩薩(しんぺんだいぼさつ))の開山と伝える。古来の霊山であった金峯山上で役行者が苦行のすえに金剛蔵王権現(こんごうざおうごんげん)を感得し、これをサクラの木に彫って本尊としたのに始まるという。古代からの山岳信仰と相まって、奈良・平安時代には多くの高僧や修験者の修行の地となり、また黄金浄土の聖地として歴代天皇に帰依(きえ)された。以後、桃山時代にかけて寺勢は隆盛を極め、山内には百数十に及ぶ塔頭(たっちゅう)寺院が建ち、僧徒は吉野大衆(よしののたいしゅう)とよばれて高野山(こうやさん)に対抗する勢力となった。南北朝時代には後醍醐(ごだいご)天皇の南朝(吉野朝)が寺内に置かれたことは著名である。1595年(文禄4)には豊臣(とよとみ)秀吉の寺領寄進も得ている。しかし、明治維新の神仏分離策によって、山内の塔頭寺院の多くは廃寺となった。吉野山の蔵王堂は数度の焼失ののち1455年(康正1)に再建されたもので、木造では東大寺大仏殿に次ぐ大建造物であり、二王門とともに国宝に指定されている。金銀鍍金双鳥宝相華(ときんそうちょうほうそうげ)文経箱、金銅(こんどう)経箱台付、千手千眼観音画像などの国宝や、金銅装笈(おい)、木造童子立像、青銅大灯籠(とうろう)などの国の重要文化財など、寺宝が多い。蔵王堂境内に、1333年(元弘3)に護良(もりなが)親王が北条勢に攻められて吉野落城を決意し最後の酒宴を開いたという四本桜があるほか、後醍醐天皇の遺愛品も多い。2月3日の節分(鬼火の祭典)、4月11、12日の花供会式(はなくえしき)、7月7日の蓮華会(れんげえ)(蛙(かわず)とび)などの行事がある。[中山清田]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金峯山寺の言及

【吉野】より

…一方,山上ヶ岳の南方小篠から北西吉野川にいたる一連の峰を金峰山(きんぷせん),小篠から南熊野までを大峰山(おおみねさん)(現在は山上ヶ岳をいう)といって,奈良時代以来修験の霊場となった。金峰山には金剛蔵王権現がまつられ,平安時代中期には寺院の形態を整えて蔵王堂以下多くの坊舎が建ち,金峯山寺と総称,院政期にかけて貴紳の御嶽詣が盛行した。中世には金峯山寺は興福寺の末寺となったが,天台宗聖護院系(本山派,または寺僧派),真言宗醍醐寺系(当山派,または満堂派)の坊舎も多かった。…

【吉野山】より

…大峰山脈の北端で,金峰山(きんぷせん)(青根ヶ峰)から北西方向につらなる約8kmの山稜部分を称する。大峰山の入口で,金峰山修験本宗の総本山金峯山寺(蔵王堂)があり,また源義経や南朝ゆかりの史跡や伝承地に富む。役行者(えんのぎようじや)によって蔵王権現の神木とされたという桜は,参詣者などの献木により一山を埋め,吉野神宮付近の下千本,如意輪寺付近の中千本,吉野水分(みくまり)神社付近の上千本,西行庵付近の奥千本として有名。…

【吉水神社】より

…後醍醐天皇を主神とし,楠木正成,吉水院宗信法印を配祀する。もと吉水(きつすい)院と称し,役小角(えんのおづぬ)の創立と伝える吉野修験金峯山寺の僧坊で,後醍醐天皇吉野潜幸のとき,しばらく行宮(あんぐう)とされた。天皇の没後,後村上天皇が天皇の像を安置して奉斎したことに始まり,1875年神社とし,89年その像は吉野神宮創建とともに移されたが,当社は天皇ゆかりの地として存続。…

※「金峯山寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金峯山寺の関連キーワード奈良県吉野郡吉野町飯貝奈良県吉野郡吉野町河原屋奈良県吉野郡吉野町小名奈良県吉野郡吉野町志賀奈良県吉野郡吉野町平尾奈良県吉野郡吉野町御園奈良県吉野郡吉野町三津奈良県吉野郡吉野町宮滝奈良県吉野郡吉野町矢治奈良県吉野郡吉野町柳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金峯山寺の関連情報