コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建武の中興 ケンムノチュウコウ

デジタル大辞泉の解説

けんむ‐の‐ちゅうこう【建武の中興】

元弘3年=正慶2年(1333)、後醍醐天皇鎌倉幕府を倒して京都に還幸し、天皇親政を復活したこと。翌年建武と改元して公家一統の政治を図ったが、足利尊氏(あしかがたかうじ)の離反にあい、2年半で崩壊、天皇は吉野に移って南北朝時代となる。建武の新政

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

建武の中興の関連キーワード福山城跡〈岡山県〉記録荘園券契所鎮守府将軍足利尊氏度会常昌楠木正成恒良親王北畠親房元弘の変赤松則村足利直義成良親王結城宗広光厳天皇太平記新政

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建武の中興の関連情報