コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風害 ふうがい wind damage

6件 の用語解説(風害の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風害
ふうがい
wind damage

風による災害をさし,暴風竜巻突風などの災害のほかに,乾風害,塩風害などがある。風害を原因別に分類すると,強烈な風圧やそれに伴う風速の乱れ(風の息)などに関係するものと,風が運搬する物質や物体に関係するものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふう‐がい【風害】

強風や旋風(つむじかぜ)などによる被害。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

風害【ふうがい】

風による災害。日本では台風,春に発達する低気圧などの暴風による災害,またそれらに伴う激浪やうねりによる災害が大きい。長期にわたって広範囲に吹く冬の季節風は海上の遭難をよく起こす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふうがい【風害 wind damage】

異常に強い風によって生ずる被害の総称。風の強さは普通10分間平均風速で示されるが,最大瞬間風速で示されることもある。日本の気象官署では前者で約70m/s,後者では約85m/sの記録がある。建物などの場合には風速の2乗に比例する風圧が破壊と関係が深く,また一様な風よりは,風の乱れあるいは風の息が被害を増大させることが知られている。また風の息の周期が建造物の固有振動周期に近いときは共振を生じて破壊されることが多いので,高層建物やつり橋などの設計に際しては,自然の風の周期と異なった振動周期をもつように設計されるのが普通である(耐風設計)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふうがい【風害】

強風など風による被害。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風害
ふうがい

強い風による風圧で生ずる直接の被害と、強風に伴って生ずる間接的な被害とがある。強い風は、日本の場合、台風によるものがもっとも多く、ついで冬の北西の季節風、発達した低気圧、そのほか竜巻(たつまき)や「おろし」など局地的なものがある。
 風圧は風速の二乗に比例するから、風速が増大すると風圧は急激に大きくなる。また「風の息」といって、風は短い周期で強くなったり弱くなったりしている。もっとも強くなったときの風速を瞬間風速、10分間平均したものを平均風速という。普通、瞬間風速は平均風速の1.5倍くらいであるが、海上ではこれより小さく、都会などではこれより大きい。
 家屋に被害が出るのは、だいたい平均風速で毎秒20メートルくらいからで、25メートルを超すと大きな被害が出る。30メートルを超すと電柱は倒れ、50メートル以上では家も樹木も倒壊する。60メートルを超すと送電線の鉄塔は折れ曲がる。1978年(昭和53)2月28日の夜、東京の荒川の鉄橋上で、36トンもある電車の車両が吹き倒されたが、このときの最大瞬間風速は52メートルで、竜巻に伴う強風であった。大きなものの倒壊は、単に風圧だけでなく、物体の固有振動が風の息の周期と一致することも大きな原因となる。
 強風に伴う被害としては、高潮、風浪、潮風、フェーン、風食などによる海難、火災、農作物の被害などがある。風害の大きかったのは、1934年(昭和9)9月21日の第一室戸(むろと)台風、54年(昭和29)9月26日の洞爺(とうや)丸台風、59年9月26日の伊勢(いせ)湾台風による強風の被害をあげることができる。[安藤隆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の風害の言及

【耐風設計】より

…風洞内に実際の風(実風)に相似な風を再現し,数百分の1の縮小模型を用いて振動の発生機構,振動により構造骨組みに加わる力の量的評価がなされる。 建物自体の耐風安全性の問題とは別に,建物周辺の風害対策も耐風設計の一課題である。地表面に比べて建物頂部では風速が一般に大きくなることから,建物頂部付近の高風速の風が建物の外壁に沿って地上へ導かれることにより,高層建物の周辺では風害が生ずることがある。…

※「風害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

風害の関連キーワード渦雷干害弾性波雨に沐い風に櫛る寒害気絶注意報痛覚PCDF公害物質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風害の関連情報