コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁内侍/辨内侍 ベンノナイシ

朝日日本歴史人物事典の解説

弁内侍

生年:生没年不詳
鎌倉代の日記作者,歌人。後深草院弁内侍とも。左京権大夫藤原信実の娘。姉の藻壁門院少将,妹の後深草院少将内侍と共に歌人として知られ,勅撰集に45首入集している。時期は不明だが従二位藤原雅平と結婚し女子を生む。後深草天皇の春宮時代から女房として出仕し,寛元4(1246)年の即位後,14年の在位期間を内侍として仕え,天皇の譲位とともに宮中より退いた。妹の没後出家し,父や姉とも死別,老後は坂本の北仰木の里に隠棲したらしい。現存の『弁内侍日記』は内侍となってからの前半約7年間の宮廷生活の記録である。きりりとした短章のなかに,鎌倉時代後期の宮廷のたたずまいを活写しており,また作者の明るい性格,内裏女房としての強い職掌意識,歌人としての高い誇りなどが読みとれる。<参考文献>今関敏子『校注弁内侍日記』

(田渕句美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

べんのないし【弁内侍】

鎌倉中期の歌人。藤原信実のぶざねの女むすめ。後深草天皇に出仕。晩年、出家した。「続後撰和歌集」以下の勅撰集に四五首入集。日記「弁内侍日記」がある。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

弁内侍/辨内侍の関連キーワード藻璧門院少将弁内侍(1)いとしもなし弁内侍(2)続後撰和歌集御夜・御寝折れこだるあらます御垣が原引上げる飼ひ立つくたくた読経争ひ石灰の間荷前の使急めくそえに折り松弓杖着到

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android