コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁内侍/辨内侍 ベンノナイシ

3件 の用語解説(弁内侍/辨内侍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べん‐の‐ないし【弁内侍/辨内侍】

鎌倉中期の女流歌人。藤原信実の娘。後深草天皇に仕えた。のち、出家。著「弁内侍日記」。後深草院弁内侍。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

弁内侍

生年:生没年不詳
鎌倉時代の日記作者,歌人。後深草院弁内侍とも。左京権大夫藤原信実の娘。姉の藻壁門院少将,妹の後深草院少将内侍と共に歌人として知られ,勅撰集に45首入集している。時期は不明だが従二位藤原雅平と結婚し女子を生む。後深草天皇の春宮時代から女房として出仕し,寛元4(1246)年の即位後,14年の在位期間を内侍として仕え,天皇の譲位とともに宮中より退いた。妹の没後出家し,父や姉とも死別,老後は坂本の北仰木の里に隠棲したらしい。現存の『弁内侍日記』は内侍となってからの前半約7年間の宮廷生活の記録である。きりりとした短章のなかに,鎌倉時代後期の宮廷のたたずまいを活写しており,また作者の明るい性格,内裏女房としての強い職掌意識,歌人としての高い誇りなどが読みとれる。<参考文献>今関敏子『校注弁内侍日記』

(田渕句美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

べんのないし【弁内侍】

鎌倉中期の歌人。藤原信実のぶざねの女むすめ。後深草天皇に出仕。晩年、出家した。「続後撰和歌集」以下の勅撰集に四五首入集。日記「弁内侍日記」がある。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弁内侍/辨内侍の関連キーワードとはずがたり弁内侍日記中務内侍後深草院少将内侍後深草院弁内侍少将内侍(3)藻璧門院少将大納言典侍近子長尾景煕弁内侍(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone