コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁柄色 べんがらいろ

色名がわかる辞典の解説

べんがらいろ【弁柄色】

色名の一つ。紅殻べにがら色ともいう。JISの色彩規格では「暗いみの」としている。一般に、天然の三酸化二鉄を主成分とする無機顔料の赤みを帯びた茶色のこと。インドのベンガル地方で産出したことから、この名がある。色名は茶系統が流行した江戸時代に登場したとされる。日差しで変色しにくく、耐熱性にも優れるため、壁や瓦の塗料などに多く用いられた。現代でも塗料、絵の具に使われるほか、金属の研磨剤としての用途もある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弁柄色の関連情報