コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁柄色 べんがらいろ

1件 の用語解説(弁柄色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

べんがらいろ【弁柄色】

色名の一つ。紅殻べにがら色ともいう。JISの色彩規格では「暗いみの」としている。一般に、天然の三酸化二鉄を主成分とする無機顔料の赤みを帯びた茶色のこと。インドベンガル地方で産出したことから、この名がある。色名は茶系統が流行した江戸時代に登場したとされる。日差しで変色しにくく、耐熱性にも優れるため、壁や瓦の塗料などに多く用いられた。現代でも塗料、絵の具に使われるほか、金属の研磨剤としての用途もある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弁柄色の関連キーワード苦味サフラワー紅蟹紅殻柿合せ塗紅額弁柄スフィンゴ糖脂質打込障子鬼殻焼き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone