コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弐〔貳〕

大辞林 第三版の解説

に【弐】

「二」の大字。
律令制で、大宰府の次官。大弐・少弐に分かれていた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弐〔貳〕の関連キーワードそれでも地球は回ってる宮崎県宮崎市田野町乙花のOアンドロメディア小久保恵梨奈筑後川の戦い戈を倒にすTOMOI竜造寺隆信筑後川の戦鎮西談議所大内持世こざこざ龍造寺氏少弐頼尚少弐貞経少弐冬資菊池武時少弐時尚藤原広嗣

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android