弓削浄人(読み)ゆげの きよひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弓削浄人 ゆげの-きよひと

?-? 奈良時代の公卿(くぎょう)。
道鏡の弟。天平宝字(てんぴょうほうじ)8年(764)藤原仲麻呂の乱のとき,従八位上から一躍従四位下となり,天平神護(てんぴょうじんご)2年参議。のち大納言兼大宰帥(だざいのそち),従二位にすすむ。称徳天皇が死去し,兄道鏡が失脚すると,子の広方,広田,広津とともに土佐(高知県)に流された。河内(かわち)(大阪府)出身。名は清人とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆげのきよと【弓削浄人】

奈良後期の政治家。生没年不詳。清人にもつくる。河内国若江郡出身。道鏡の弟。764年(天平宝字8)9月11日,藤原仲麻呂の謀反した日に従四位参議,10月上総守,翌年(天平神護1)従四位上,766年正三位中納言,767年(神護景雲1)内豎卿,衛門督,768年3月大納言兼大宰帥,769年従二位と累進した。大宰帥在任中部下の大宰主神中臣習宜阿曾麻呂,豊前宇佐八幡神職団と共謀し〈道鏡を天位につかしめば……〉の宇佐八幡宮神託事件を起こした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の弓削浄人の言及

【宇佐八幡宮神託事件】より

…769年5月ころ,宇佐八幡神は託宣し〈道鏡を天位につかしめば天下太平ならん〉とあり,これを大宰主神中臣習宜阿曾麻呂が奏した。当時大宰帥は道鏡の弟弓削浄人(ゆげのきよと)であるから,合意のうえの奏上であろう。天皇は夢に八幡神が,神教を聴かせるから尼法均(和気広虫)を派遣せよとあるが,法均は女で軟弱,遠路にたえがたいからと,その弟和気清麻呂を宇佐に派遣した。…

※「弓削浄人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android