コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)幕 ヒキマク

デジタル大辞泉の解説

ひき‐まく【引(き)幕】

儀式の会場などの四方に引きめぐらした幕。
芝居などで、舞台の前面に引き渡し、横に引いて開閉する幕。→緞帳(どんちょう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の引(き)幕の言及

【小芝居】より

…江戸時代,官許以外の劇場は,はじめ,あちこちに散在したものが,だんだん制約を受け寺社の境内に限られるようになったので宮地芝居と呼ばれ,またその場合興行日数を100日に限って許されたので百日芝居ともいった。これらの小芝居は興行地,日数のみならず,は許されず,回り舞台や引幕も許されなかった。引幕が使えないので緞帳(どんちよう)を使っていたために緞帳芝居の称もある。…

【幕】より


[日本――幕の意味]
 われわれが演劇の世界で〈幕〉という言葉を用いる場合,ほとんど無意識のうちに,舞台と客席とを仕切るそれを指しているが,このようないわば〈第四の壁〉としての幕の存在は,日本の演劇史においてはけっして長い歴史をもつわけではない。西洋式額縁(がくぶち)舞台での上下に開閉する緞帳(どんちよう)(垂幕)が用いられるようになったのは,1879年(明治12)開場の新富座が嚆矢(こうし)といわれるし(なお,緞帳そのものは,左右に開閉される引幕(ひきまく)の使用を許されなかったいわゆる〈小芝居(こしばい)〉〈緞帳芝居〉で,ほぼ江戸期を通じて用いられていた),また引幕にしても,歌舞伎の舞台に当初からあったわけではなく,通説によれば,1664年(寛文4)ごろに初めて使用されたものといわれる。 つまり,日本演劇においては,今われわれが身近なものに思っている舞台と客席を仕切る幕は,比較的新しい〈発明〉であり,それ以前に古くから用いられていたのは,舞台と楽屋を仕切る幕,すなわち能でいえば〈揚幕(あげまく)〉であった。…

※「引(き)幕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

引(き)幕の関連キーワード長谷川勘兵衛(初代)歌舞伎(演劇)市村羽左衛門野郎歌舞伎能美(市)放狂言小芝居浅葱幕大道具定式幕上幕劇場水引表方緞帳定式裏方帽額

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android