緞帳(読み)ドンチョウ

デジタル大辞泉の解説

どん‐ちょう〔‐チヤウ〕【×緞帳】

厚地の織物でつくった模様入りの布。帳(とばり)などに用いる。
劇場の舞台と観客席とを仕切る垂れ幕。厚地に絵や刺繍(ししゅう)などを施した幕で、上下に開閉する。緞帳幕。
緞帳芝居」「緞帳役者」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

緞帳【どんちょう】

劇場のの一つ。引幕の対。舞台天井からつるし,上下開閉する機構。歌舞伎のいわゆる小芝居(宮地芝居,端芝居)は引幕の使用が許されなかったため,帳(芝居)と蔑称(べっしょう)された。今日では企業の宣伝を兼ねて華美な緞帳が一般化。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緞帳
どんちょう

劇場用語。額縁舞台と観客席との間をくぎる幕の一種で、上下に動かして開閉するもの。西欧では、ほとんどが緞帳式であるが、歌舞伎(かぶき)劇場では原則的には引幕(ひきまく)を用いて左右に開閉する。近年は歌舞伎の劇場にも緞帳があり、新作物、舞踊劇など、上演作品によっては、これを用いることがある。江戸時代の小芝居は引幕を許されず、粗末な緞帳を使っていたことから、「緞帳芝居」という言い方も行われた。

[服部幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

どん‐ちょう ‥チャウ【緞帳】

〘名〙
① 厚地の織物による壁代(かべしろ)の一種。内外の仕切りと装飾を兼ねて張りめぐらし、ときには幕の代用ともした。また、芝居などの垂れ幕。引き幕に対する。
※俳諧・類船集(1676)知「翠簾も蚊屋も曇帳(ドンちょう)も風の音にやすらかならず」
※細君(1889)〈坪内逍遙〉一「芝居といってもタカが鈍帳(ドンチャウ)位ゐだアネ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android