コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緞帳 ドンチョウ

デジタル大辞泉の解説

どん‐ちょう〔‐チヤウ〕【×緞帳】

厚地の織物でつくった模様入りの布。帳(とばり)などに用いる。
劇場の舞台と観客席とを仕切る垂れ幕。厚地に絵や刺繍(ししゅう)などを施した幕で、上下に開閉する。緞帳幕。
緞帳芝居」「緞帳役者」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

緞帳【どんちょう】

劇場のの一つ。引幕の対。舞台天井からつるし,上下開閉する機構。歌舞伎のいわゆる小芝居宮地芝居,端芝居)は引幕の使用が許されなかったため,(芝居)と蔑称(べっしょう)された。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

どんちょう【緞帳】

現代の劇場で、舞台と客席とを仕切る、地の厚い絵入りや模様入りの上下に開閉する幕。緞帳幕。 → 引き幕
江戸時代、引き幕の使用が許されなかった小芝居や臨時の小屋掛け芝居で用いた、上下に開閉する粗末な幕。
厚地の模様入りの布。帳とばりなどに用いる。
「緞帳芝居」「緞帳役者」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緞帳
どんちょう

劇場用語。額縁舞台と観客席との間をくぎる幕の一種で、上下に動かして開閉するもの。西欧では、ほとんどが緞帳式であるが、歌舞伎(かぶき)劇場では原則的には引幕(ひきまく)を用いて左右に開閉する。近年は歌舞伎の劇場にも緞帳があり、新作物、舞踊劇など、上演作品によっては、これを用いることがある。江戸時代の小芝居は引幕を許されず、粗末な緞帳を使っていたことから、「緞帳芝居」という言い方も行われた。[服部幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

緞帳の関連キーワード徵・懲・丁・兆・凋・嘲・寵・帳・庁・廳・弔・張・彫・徴・懲・挑・暢・朝・潮・澄・牒・町・眺・聴・聽・肇・脹・腸・調・諜・貼・超・跳・重・釣・銚・長・頂・鳥テキスタイル・デザイン川島甚兵衛(二代目)小芝居(こしばい)タペストリー引き幕・引幕ボルポーニアップリケ宝塚大劇場小森桃塢しゃぎり服部幸雄ダミア引き幕定式幕綴錦厚地

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緞帳の関連情報