コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官奏 かんそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官奏
かんそう

太政官から奏上して,天皇勅許を得ること。奏上の形式にはその軽重により,論奏,奏事,便奏の3種がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐そう〔クワン‐〕【官奏】

太政官から天皇に申し上げること。平安時代の重要な朝儀であったが、のちに、田の荒熟(凶豊)の状況を奏上し、減税を奏請するものなどに限定されるようになった。かんのそう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんそう【官奏】

平安時代、太政官だいじようかんから天皇に奏聞すること。また、奏聞する文書の形式。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の官奏の言及

【太政官奏】より

…太政官より天皇の勅裁を仰ぐため上申すること,またその文書。官奏ともいう。手続と文書様式は公式令に規定されている。…

※「官奏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

官奏の関連キーワード文官分限令・文官懲戒令弘仁格式経俊卿記駅伝制度太政官奏司政官清涼殿延喜格外記典医

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android