コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官奏(読み)かんそう

デジタル大辞泉の解説

かん‐そう〔クワン‐〕【官奏】

太政官から天皇に申し上げること。平安時代の重要な朝儀であったが、のちに、田の荒熟(凶豊)の状況を奏上し、減税を奏請するものなどに限定されるようになった。かんのそう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんそう【官奏】

平安時代、太政官だいじようかんから天皇に奏聞すること。また、奏聞する文書の形式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の官奏の言及

【太政官奏】より

…太政官より天皇の勅裁を仰ぐため上申すること,またその文書。官奏ともいう。手続と文書様式は公式令に規定されている。…

※「官奏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報