コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘智 こうち

2件 の用語解説(弘智の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弘智 こうち

?-1363 鎌倉-南北朝時代の僧。
真言宗。下総(しもうさ)匝瑳(そうさ)(一説に香取)郡(千葉県)の人。匝瑳郡の蓮華寺(れんげじ)住持をつとめる。のち各地を遊歴し,越後(えちご)(新潟県)弥彦(いやひこ)神社に参詣(さんけい)後,近くに草庵をむすぶ。死を前に弥勒(みろく)下生(げしょう)を期し,結跏趺坐(けっかふざ)のまま貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年10月2日往生した。現存する日本最古の即身仏として,新潟県寺泊町の西生(さいしょう)寺に安置されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

弘智

没年:貞治2/正平18(1363)
生年:生年不詳
14世紀の行者で,現存する最古の即身仏(即身成仏した行者のミイラ)。新潟県寺泊町野積の西生寺に祀られる。下総国山桑村(千葉県八日市場市)で生まれ,高野山で学び,故郷大浦の蓮花寺に住したのち,諸国行脚の旅に出て西生寺に草庵をむすぶ。最期は死骸を埋めないよう遺言し,草庵で入定して即身仏となった(鈴木牧之著『北越雪譜』)。弘智はのちの江戸時代の出羽湯殿山の即身仏のように生きながら土中に入って断食死するという土中入定伝説をもたない。高野山の空海入定伝説の影響が強い。<参考文献>内藤正敏『ミイラ信仰の研究』,日本ミイラ研究グループ編『日本ミイラの研究』

(内藤正敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弘智の関連キーワード現存新撰字鏡石鼓文祝詞ファイビー城ルプレヒト教会ハジュオズベクモスク忠海円明海妙心

弘智の関連情報