コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘法大師絵伝 こうぼうだいしえでん

世界大百科事典 第2版の解説

こうぼうだいしえでん【弘法大師絵伝】

真言宗の開祖である弘法大師空海の伝記絵巻。誕生から入唐入定まで,あるいは死後の栄誉をも含め,奇瑞にみちた一代記を描く。鎌倉時代には各宗の祖師の伝記絵巻が隆盛したが,その風潮の中でこの絵伝も13世紀ころから真言宗寺院の教化の具として大いに流布した。《高祖大師秘密縁起》10巻(13世紀半ば),《高野大師行状図画》6巻(1272ころ),同10巻(1319ころ)の3系統はいずれも原本は失われ,後世の転写本や版本が多数のこる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

弘法大師絵伝の関連キーワード巨勢行忠徳力善雪

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android