コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘法大師絵伝 こうぼうだいしえでん

1件 の用語解説(弘法大師絵伝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうぼうだいしえでん【弘法大師絵伝】

真言宗の開祖である弘法大師空海の伝記絵巻。誕生から入唐,入定まで,あるいは死後の栄誉をも含め,奇瑞にみちた一代記を描く。鎌倉時代には各宗の祖師の伝記絵巻が隆盛したが,その風潮の中でこの絵伝も13世紀ころから真言宗寺院の教化の具として大いに流布した。《高祖大師秘密縁起》10巻(13世紀半ば),《高野大師行状図画》6巻(1272ころ),同10巻(1319ころ)の3系統はいずれも原本は失われ,後世の転写本や版本が多数のこる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弘法大師絵伝の関連キーワード弘法大師大師講大師流高野四大師十八大師大師堂初大師杲隣真紹

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone