コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘誓 ぐぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弘誓
ぐぜい

仏教用語。修行者である菩薩が,自身みずから悟りを開き,同じく生きとし生けるものを救済しようとする決意,誓いを立てること。またその決意やいそのものをもいう。たとえば,生きとし生けるものを救い,みずからすべての煩悩を断ち切り,仏陀の教えにあまねく習熟し,最高の悟りに到達しようという,四弘誓願 (しぐせいがん) や,阿弥陀仏の 48の誓願などをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぐぜい【弘誓】

〘仏〙 菩薩が自ら悟りをひらき、あらゆる衆生を救って彼岸に渡そうとする広大な誓願。四弘誓願など。浄土宗・真宗では阿弥陀の四十八願、特に第十八願をさすことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の弘誓の言及

【本願】より

…人々を救済しようとの根本の願い。その願いごとが弘(ひろ)いという意味で本弘(ほんぐ)誓願,略して弘誓(ぐぜい),弘願(ぐがん)ともいう。また因願(菩薩が仏になるための因としての行を修めている間におこした願の意),宿願などとも称する。…

※「弘誓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

弘誓の関連キーワード黃・亢・交・仰・侯・倖・候・光・公・功・劫・効・勾・厚・口・叩・后・向・咬・哄・哮・喉・坑・垢・好・孔・孝・宏・寇・工・巧・巷・幸・広・庚・康・廣・弘・後・恆・恍・恒・恰・慌・抗・拘・控・攻・效・昂・曠・更・校・格・梗・構・江・洪・浩・淆・港・溝・狡・甲・皇・皎・皓・睾・硬・稿・紅・絞・綱・考・耕・耗・肓・肛・肯・肴・腔・膏・膠・興・航・荒・薨・虹・行・衡・講・貢・購・逅・郊・滋賀県東近江市五個荘金堂町滋賀県東近江市瓜生津町宮城県名取市植松千葉県柏市柳戸発起・発企坂田藤十郎服部 有恒服部有恒一条経輔天琢玄球四十八願八条院領東近江市法性寺流藤原教家九条教家誓いの海誓いの網願力の船

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弘誓の関連情報