コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四弘誓願 しぐせいがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四弘誓願
しぐせいがん

曹洞宗では「しくせいがん」と読む。四弘誓,四弘願行,四弘行願,四弘願,四弘ともいう。すべての菩薩が修行の初めに起す4つの願いで総願ともいわれ,次の4つをさす。 (1) 誓ってすべてのものを悟らせようという願い (衆生無辺誓願度) ,(2) 誓ってすべての迷いを断とうという願い (煩悩無量誓願断) ,(3) 誓って仏の教えをすべて学び知ろうという願い (法門無尽誓願学〈知〉) ,(4) 誓ってこのうえない悟りにいたろうという願い (仏道無上誓願成〈証〉) 。以上の四弘誓願は仏前で読誦されるが,宗派によって字句に多少の相違がある。真言宗では煩悩無量誓願断の代りに福智無辺誓願集,如来無辺誓願事を加えて五大願とし,五智の働きとする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐ぐぜいがん〔‐グゼイグワン〕【四×弘誓願】

仏語。すべての仏・菩薩(ぼさつ)が起こす四つの誓願。限りなく多くの衆生(しゅじょう)を済度(さいど)しようという衆生無辺誓願度、計り知れない煩悩(ぼんのう)を滅しようという煩悩無量誓願断、尽きることのないほど広大な法の教えを学びとろうという法門無尽誓願学、無上の悟りに達したいという仏道無上誓願成。総願。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

四弘誓願【しぐぜいがん】

すべての菩薩が修行の初めに必ず起こす願で,総願ともいう。経典により,時代により異なるが,定型的なものは,衆生無辺誓願度(すべての衆生を悟らせよう),煩悩(ぼんのう)無量誓願断(すべての煩悩を断とう),法門無尽誓願学(仏法のすべてを学ぼう),仏道無上誓願成(無上の悟りに至ろう)という4種の誓い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しぐぜいがん【四弘誓願】

〘仏〙 すべての菩薩が共通して発する四つの誓願。衆生しゆじようを救おうとする衆生無辺誓願度、煩悩ぼんのうを絶とうという煩悩無量誓願断、すべての教えを学ぼうという法門無尽誓願知(または学)、最高の悟りに達しようという仏道無上誓願成(または証)の総称。総願。 → 別願

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の四弘誓願の言及

【本願】より

…すべての仏・菩薩に共通する一般的な総願と,それぞれの仏・菩薩が独自の目的でおこした固有の別願とがある。前者は四弘誓願(しぐぜいがん),四弘行願(しぐぎようがん),四弘願などといい,誓ってすべてのものをさとりの彼岸に渡そう(衆生無辺誓願度(しゆじようむへんせいがんど)),誓ってすべての煩悩を断とう(煩悩無量誓願断(ぼんのうむりようせいがんだん)),誓ってすべての仏の教えを学ぼう(法門無尽誓願学(ほうもんむじんせいがんがく),または法門無尽誓願知(せいがんち)),誓ってこの上ないさとりに至ろう(仏道無上誓願証(せいがんしよう),または仏道無上誓願成(せいがんじよう))の四つをいう。この原形は《心地観経》に認められるが,智顗(ちぎ)に至ってこのような形になったとされ,宗派によって字句に多少の異同がある。…

※「四弘誓願」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

四弘誓願の関連キーワード仏語別願本願

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android