コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強化原爆 きょうかげんばくboosted atomic (fission) bomb

3件 の用語解説(強化原爆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強化原爆
きょうかげんばく
boosted atomic (fission) bomb

原子爆弾 (原爆) にリチウム6などの熱核物質を加えて大きな破壊力を生じさせた爆弾。ウラン 235またはプルトニウム 239の分裂反応を利用する原爆にリチウム6など熱核物質を加えると,原爆反応の超高温下,リチウムに中性子が作用して,ヘリウム三重水素を生じ,一種の熱核反応によって多量のエネルギーを放出し,大きな破壊力を生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

強化原爆【きょうかげんばく】

核融合技術を用いた,ブースト型核分裂爆弾。わずかな核分裂反応で,中心部に封入した三重水素と重水素が核融合反応を誘発し,核融合反応で発生する強力な中性子線が,効率的な核分裂反応を可能にする仕組みになっている。
→関連項目金正恩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

強化原爆の関連情報