コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強肝薬 きょうかんやくhepatotonic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強肝薬
きょうかんやく
hepatotonic

肝機能を回復または促進させるための薬剤。厳密な意味で肝臓の働きすべてを強化する医薬品は,現在までは開発されていない。おもに経験から生れた肝臓エキスのほか,ビタミンB群ビタミンKなどが臨床上使われているほか,利胆,抗脂肝剤としてメチオニンレシチン,グルクロン酸,デヒドロコール酸などが使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

強肝薬
きょうかんやく

肝庇護(ひご)薬に対する一般的名称で、グルクロン酸、メチオニン、チオクト酸などが含まれる。それぞれ肝臓の解毒作用の亢進(こうしん)や脂肪肝の予防などに効果があるとされるが、薬理学的な確証はない。基礎実験的な作用の効果が、複雑な機能をもつ肝全体の改善に役だつかどうか疑問視される。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

強肝薬の関連キーワード点滴注射

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android