コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強肝薬 きょうかんやくhepatotonic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強肝薬
きょうかんやく
hepatotonic

肝機能を回復または促進させるための薬剤。厳密な意味で肝臓の働きすべてを強化する医薬品は,現在までは開発されていない。おもに経験から生れた肝臓エキスのほか,ビタミンB群ビタミンKなどが臨床上使われているほか,利胆,抗脂肝剤としてメチオニンレシチングルクロン酸デヒドロコール酸などが使用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

強肝薬
きょうかんやく

肝庇護(ひご)薬に対する一般的名称で、グルクロン酸、メチオニン、チオクト酸などが含まれる。それぞれ肝臓の解毒作用の亢進(こうしん)や脂肪肝の予防などに効果があるとされるが、薬理学的な確証はない。基礎実験的な作用の効果が、複雑な機能をもつ肝全体の改善に役だつかどうか疑問視される。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone