コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形似 ケイジ

デジタル大辞泉の解説

けい‐じ【形似】

形が似ていること。
東洋画で、対象の形態を忠実に写すこと。→写意(しゃい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けいじ【形似 xíng sì】

形あるいは体つきが似ていること。転じて,対象の外形を再現することを意味する中国の絵画用語。気韻に対するもの。張彦遠によって初めて詳細に論じられた。そこにいう形似と気韻との関係とは,言い換えれば,絵画とはいったい何を,いかに再現するものであるのかという根本問題にほかならない。しかし,以後1000年にわたる中国絵画史の流れの中で,それが実際どう受けとめられ,どう解決されてきたのかについては,なお十分な理解を見ていない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいじ【形似】

( 名 ) スル
形の似ていること。 「玉山は宛如あたかも富士山に-するを以て/日本風景論 重昂
中国の画論用語。対象の形態を忠実に再現・写実することをいい、六法では「応物象形」に相当する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

形似の関連キーワード日本風景論自然模倣説倪【さん】肖像彫刻減筆十体重昂写意溌墨三品

形似の関連情報