コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形板/型板 カタイタ

デジタル大辞泉の解説

かた‐いた【形板/型板】

曲線や紋様の形に作った板。これを使って木や石の材を造形する。また、製図にも用いる。
模様を彫刻した、薄い亜鉛銅板などの板。捺染(なっせん)に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

形板/型板の関連キーワードナンキンムシ(南京虫)トヨダトラックG1型アンモニオボライトクラードニの図形スラットコンベヤ玉器(ぎょっき)ヒラタドロムシクラドニ図形ペンタメルス今宿古墳群弾性圧力計流星カメラ有機ガラスブラシュ石鉄道信号板垣退助ヨシエビ重晶石測程儀log

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android