コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榎茸 エノキタケ

2件 の用語解説(榎茸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えのき‐たけ【××茸】

シメジ科のキノコ。晩秋から春にかけ、広葉樹の切り株などに生える。傘は直径3~6センチ、黄褐色か栗色をし、湿気のあるときは粘りけが強い。吸い物などに用いる。栽培ものは、もやし状で白っぽく、傘も小さい。なめこ。なめたけ。なめすすき。ゆきのした。 冬》「くち木となおぼしめされそ―/嵐雪

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えのきたけ【榎茸】

担子菌類ハラタケ目の食用きのこ。高さ2~8センチメートル。エノキなど、広葉樹の朽木に叢生そうせいする。傘は黄褐色で幼時は球に近い。適度の粘りがある。暗室で栽培されたものは全体が淡黄白色、もやし状。ナメコ。ナメタケ。フユタケ。ユキノシタ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone