コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榎茸 エノキタケ

デジタル大辞泉の解説

えのき‐たけ【××茸】

シメジ科のキノコ。晩秋から春にかけ、広葉樹の切り株などに生える。傘は直径3~6センチ、黄褐色か栗色をし、湿気のあるときは粘りけが強い。吸い物などに用いる。栽培ものは、もやし状で白っぽく、傘も小さい。なめこ。なめたけ。なめすすき。ゆきのした。 冬》「くち木となおぼしめされそ―/嵐雪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えのきたけ【榎茸】

担子菌類ハラタケ目の食用きのこ。高さ2~8センチメートル。エノキなど、広葉樹の朽木に叢生そうせいする。傘は黄褐色で幼時は球に近い。適度の粘りがある。暗室で栽培されたものは全体が淡黄白色、もやし状。ナメコ。ナメタケ。フユタケ。ユキノシタ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

榎茸 (エノキタケ)

植物。モエギタケ科のキノコ,園芸植物。ナメコの別称

榎茸 (エノキタケ)

学名:Flammulina velutipes
植物。キシメジ科の食用菌,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

榎茸の関連キーワードユキノシタ滑子叢生

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android