花街(読み)かがい

精選版 日本国語大辞典「花街」の解説

か‐がい クヮ‥【花街】

〘名〙 (「かかい」とも) 遊女屋芸者屋などの集まっている所。花柳街。遊里。色里。かけい。
※狂歌・徳和歌後万載集(1785)三「花街雁 玉づさをかけてくるわにかりがねもおつるや多き人あしの中」
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉七「柳橋に一日(ひとひ)をくらし、花街(クヮガイ)に一夜(ひとよ)を語りあかせし、よしなしごとさへ」
※改正増補和英語林集成(1886)「Kwakai クヮカイ 花街」 〔呂岩‐敲爻歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「花街」の解説

はな‐まち【花街/花町】

芸者屋・遊女屋などの集まっている町。色里。色町。かがい。

か‐がい〔クワ‐〕【花街】

遊女屋・芸者屋などの集まっている地域。遊郭。いろまち。花柳街。はなまち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android