後備(読み)コウビ

大辞林 第三版の解説

こうび【後備】

戦闘の際、味方の後方を固めること。また、その部隊。後詰ごづめ。あとぞなえ。
「後備役」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐ぞなえ ‥ぞなへ【後備】

〘名〙 本陣後方の防備軍。後方の襲撃に備えるとともに、本軍の予備軍とする。あとおさえ。後(ご)詰め。のちぞなえ。後陣(ごじん)
※甲陽軍鑑(17C初)品三「御出陣にをひては、御跡備(アトソナヘ)をくろめ申べき覚悟にて、所望申処に」

うしろ‐ぞなえ ‥ぞなへ【後備】

〘名〙 後方に控えて守備をする軍勢。あとぞなえ後陣
※甲陽軍鑑(17C初)品一二「輝虎後備(ウシロゾナエ)、甘数(あまかす)近江守と申者」

こう‐び【後備】

〘名〙
戦闘態勢をしいている部隊の後方の守りを固めること。また、その兵。あとぞなえ。後詰(ごづめ)。〔和蘭字彙(1855‐58)〕〔范成大‐次韻・太守出郊詩〕
※軍制綱領(1875)〈陸軍省編〉一「陸軍は常備、後備(第一、第二)、国民軍三種の兵を以て編制し」

のち‐ぞなえ ‥ぞなへ【後備】

〘名〙 本陣の後方に置いて、後方の襲撃に備えるとともに本軍の予備軍とするための軍勢。後陣(ごじん)。あとぞなえ。こうび。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後備の関連情報