常備(読み)ジョウビ

デジタル大辞泉 「常備」の意味・読み・例文・類語

じょう‐び〔ジヤウ‐〕【常備】

[名](スル)いつも用意しておくこと。「非常食常備しておく」
[類語]兼備完備予備備える備え付けるしつらえる設ける設備設置装備装置施設

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「常備」の意味・読み・例文・類語

じょう‐びジャウ‥【常備】

  1. 〘 名詞 〙 常に用意しておくこと。いつも設けておくこと。「常備菜
    1. [初出の実例]「徴募に応ずる後、五年間常備する者あり」(出典:建白書(1873)〈山田顕義〉上)
    2. [その他の文献]〔周礼政要‐治兵〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「常備」の読み・字形・画数・意味

【常備】じようび

常に用意する。

字通「常」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android