常備(読み)じょうび

精選版 日本国語大辞典「常備」の解説

じょう‐び ジャウ‥【常備】

に用意しておくこと。いつも設けておくこと。「常備菜」
※建白書(1873)〈山田顕義〉上「徴募に応ずる後、五年間常備する者あり」 〔周礼政要‐治兵〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「常備」の解説

じょう‐び〔ジヤウ‐〕【常備】

[名](スル)いつも用意しておくこと。「非常食を常備しておく」
[類語]兼備完備予備備える備え付けるしつらえる設ける設備設置装備装置施設

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「常備」の解説

【常備】じようび

常に用意する。

字通「常」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android