コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後涼殿 コウリョウデン

大辞林 第三版の解説

こうりょうでん【後涼殿】

平安京内裏の殿舎の一。清涼殿の西。後宮の局つぼねがあった。こうろうでん。 → 内裏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後涼殿
こうりょうでん

「こうろうでん」「ごりょうでん」とも読む。平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。清涼殿の後ろ(西側)にある。南北9間(7間という説もある)、東西2間の母屋(もや)の四面に廂(ひさし)のある東向きの建物。女御(にょうご)、更衣(こうい)などの住むところ。938年(天慶1)には賢所(かしこどころ)が置かれたこともある。西廂には天皇の朝夕の食事をつくる御厨子所(みずしどころ)、南廂には御膳を納めておく御膳宿(おものやどり)があった。清涼殿に続く東廂・東簀子(すのこ)には歌合(うたあわせ)・絵合(えあわせ)などのとき、座が設けられたりした。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

後涼殿の関連キーワード元より・固より・素より御厨子所・御廚子所御厨子所賜はす御湯殿蔵人町

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android