後涼殿(読み)コウリョウデン

大辞林 第三版の解説

こうりょうでん【後涼殿】

平安京内裏の殿舎の一。清涼殿の西。後宮の局つぼねがあった。こうろうでん。 → 内裏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後涼殿
こうりょうでん

「こうろうでん」「ごりょうでん」とも読む。平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。清涼殿の後ろ(西側)にある。南北9間(7間という説もある)、東西2間の母屋(もや)の四面に廂(ひさし)のある東向きの建物。女御(にょうご)、更衣(こうい)などの住むところ。938年(天慶1)には賢所(かしこどころ)が置かれたこともある。西廂には天皇の朝夕の食事をつくる御厨子所(みずしどころ)、南廂には御膳を納めておく御膳宿(おものやどり)があった。清涼殿に続く東廂・東簀子(すのこ)には歌合(うたあわせ)・絵合(えあわせ)などのとき、座が設けられたりした。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうりょう‐でん コウリャウ‥【後涼殿】

平安京内裏の殿舎の一つ。清涼殿の西隣り、陰明門に相対している。女御などの住む別殿。こうろうでん。ごりょうでん。〔延喜式(927)〕

こうろう‐でん コウラウ‥【後涼殿】

伊勢物語(10C前)一〇〇「むかし、をとこ、後涼殿のはさまを渡りければ」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「後涼殿に、もとよりさぶらひ給ふ更衣の曹司を、他にうつさせ給ひて」
[補注]「黒川本色葉字類抄」に「後殿 コウリャウテン コウラウ 私云源氏物語ヨミクセ也」とあるところから「伊勢物語」「源氏物語」の例はここに置いた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android