コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹司 ゾウシ

3件 の用語解説(曹司の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐し〔ザウ‐〕【曹司】

宮中や官庁内に設けられた女官・官吏などの部屋。
「更衣の―を、ほかに移させ給ひて」〈・桐壺〉
貴族の邸内に部屋を与えられて仕えること。また、その人。
「殿の内に年ごろ―して候ひつる人々」〈栄花・浦々の別〉
貴族の邸内に設けられた、子弟の部屋。また、そこにすむ子弟。→御曹司(おんぞうし)
平安時代の大学寮内の部屋。東曹と西曹とに分かれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうし【曹司】

〈そうじ〉ともいう。官庁,役所の建物を表す場合は《続日本紀》天平2年(730)6月条に〈神祇官曹司災〉と見えるのをはじめ,奈良時代の用例が多い。平城宮跡から〈造曹司所〉と書いた木簡が出土したが,これは平城宮内の官庁の庁舎建設を担当する役所と考えられている。また平安宮の東南の隅を〈鳥の曹司〉というが,ここはもと主鷹司という役所があったため,その廃止後も名称のみが残ったのである。《続日本紀》天平宝字2年(758)9月条に〈明法曹司言〉とあるのは,官庁を抽象的に表した用例で,後に〈法曹〉の語を生む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぞうし【曹司】

官署や宮中に設けられた、官吏や女官の詰めている部屋。 「 -におり給へれば/伊勢 65
宮中や貴族の邸内に部屋を与えられて仕えること。また、その人。部屋住み。 「従者の下屋に-してありけるをぞ/宇津保 俊蔭
貴族の子弟で、まだ独立していない者が親の邸内に与えられている部屋。 → おんぞうし(御曹司)
平安時代の大学寮の寄宿舎。東曹と西曹があった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曹司の関連キーワード官庁官憲官舎公廨公館堂舎御役所仕事総柱建物二町域

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

曹司の関連情報