後見役(読み)コウケンヤク

精選版 日本国語大辞典の解説

うしろみ‐やく【後見役】

〘名〙
鎌倉時代執権、足利時代の管領、徳川時代の三家、三卿などをはじめ諸侯家老などで、将軍または諸侯が幼年あるいは重病の際に補佐する役。また、その人。
② 転じて、一般に、幼年、重病などのため、その親戚縁者が補佐をすること。また、その人。後見人

こうけん‐やく【後見役】

〘名〙 後見の役目。また、それをつとめる人。
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)序幕「知りゃる通り、太郎七は後見役」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後見役の関連情報