御墓山古墳(読み)みはかやまこふん

国指定史跡ガイドの解説

みはかやまこふん【御墓山古墳】


三重県伊賀市佐那具町にある古墳。上野盆地北東部の柘植(つげ)川左岸、南宮山北東の丘陵先端部に位置する前方後円墳で、敢国(あえくに)神社の祭神、大彦命(おおびこのみこと)(孝元天皇の第1皇子で、生母は皇后鬱色謎命(うつしこめのみこと))の墳墓といわれる。全長は190m、後円部の径約110m、高さ14m、前方部の幅約80m、高さ10mの三重県最大の規模を誇り、築造時期は5世紀後半初頭と推定されている。墳丘には段築があり、人頭大からこぶし大の葺石(ふきいし)が全面に見られ、円筒埴輪(はにわ)や形象埴輪が確認されていて濠の跡もあるが、埋葬施設の構造については不明である。1921年(大正10)に国の史跡に指定され、周辺の陪塚(いちょう)も含めて1970年(昭和45)に追加指定を受けた。JR関西本線佐那具駅から徒歩約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android