御家人株(読み)ごけにんかぶ

旺文社日本史事典 三訂版「御家人株」の解説

御家人株
ごけにんかぶ

江戸中期以後,御家人となる権利
富裕な町人農民が多額の持参金をもって困窮した御家人の養子となったり,家格を買ったりすることが盛行。こうして買いとられた権利をいい,売却した者は「御家人くずれ」と呼ばれた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「御家人株」の解説

ごけにん‐かぶ【御家人株】

〘名〙 金銭で売買される御家人の家格。江戸時代の中期以後、生活に困窮した御家人が、表面上は養子縁組みの形で、その家格を農民や町人などに売り渡すことが行なわれた。御家人の

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御家人株」の解説

ごけにん‐かぶ【御家人株】

江戸時代、御家人が生活困窮によって農民・町人などに売り渡した家格。表向きは養子縁組の形をとった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御家人株の言及

【徒士】より

…ところで,徒士は小禄であったため,経済的には幕初から窮乏し,竹細工や傘張り,植木や金魚などを売るといった,各種の内職をいとなんで生活を維持する有様であった。御家人の間では,つのる窮乏にたえきれず,その身分を株として売買することもおこなわれた(御家人株)。武家の職制としての徒士は,もと走衆ともいった。…

※「御家人株」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android