コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御感 ギョカン

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐かん【御感】

貴人、特に天皇が、感心すること。
「拙(つたな)き和歌の―に預り」〈露伴・二日物語〉

ご‐かん【御感】

ぎょかん(御感)」に同じ。
「上皇―の余りに内の昇殿を許さる」〈平家・一〉
中世、戦功を賞して主君などが与える賞状。御感の御書(ごしょ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょかん【御感】

(天皇や君主などが)感ずること、感心することを敬っていう語。ごかん。

ごかん【御感】

ぎょかん(御感) 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御感の関連キーワード御・漁・禦・馭・魚諸手・双手芦刈(能)別所長治内の昇殿貴人昇殿諸手天鼓感状唱歌君主優男叡感

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御感の関連情報