コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御湯殿の儀式 オユドノノギシキ

デジタル大辞泉の解説

おゆどの‐の‐ぎしき【御湯殿の儀式】

皇子誕生のとき、吉日を選んで産湯(うぶゆ)を使わせる儀式。御湯殿始め
「―をはじめて、御弦打ち、書(ふみ)読む人も」〈夜の寝覚・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おゆどののぎしき【御湯殿の儀式】

皇子に産湯うぶゆを使わせる儀式。普通、湯殿は里方の寝殿に設け、朝夕二回、七日間行う。湯殿の外では読書・鳴弦・散米などの儀が行われた。御湯殿始め。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御湯殿の儀式の関連キーワード読書鳴弦の儀御湯殿設ける皇子寝殿散米鳴弦里方

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android