コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御目出糖 オメデトウ

デジタル大辞泉の解説

おめで‐とう〔‐タウ〕【御目出糖】

菓子の一。蒸した米を干して煎(い)り、食紅で着色した砂糖蜜をかけてかきまぜ、甘納豆をまぜたもの。赤飯の代用として、出産・結婚などの祝儀に配る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

おめでとう【御目出糖】

赤飯に似せて作り、祝儀に用いる菓子。東京の銀座と飯田橋にある和菓子店「萬年堂」のものが知られる。これはあずきあんに米粉などを混ぜてそぼろ状にした生地に、大納言あずきのみつ漬けを散らして蒸したもの。このほか、蒸した米を干していったものや甘納豆を用いたものなどがある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

御目出糖

東京都中央区、萬年堂が製造・販売する銘菓小豆餡餅粉などの米粉類を混ぜ、そぼろ状にして大納言の蜜漬けを散らし蒸し上げたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

おめでとう【御目出糖】

菓子の一。煎り種に砂糖と食用紅を加えていり、さらに小豆の甘納豆をまぜて赤飯のようにしたもの。出産・結婚などの祝儀に配る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御目出糖の関連キーワード東京都中央区

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android