コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

循環定理(ビヤクネス) circulation theorem(Bjerknes)

1件 の用語解説(循環定理(ビヤクネス)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

循環定理【circulation theorem(Bjerknes)】

流体の実質と一緒に動く閉曲線に沿っての循環 C の変化は,その閉曲線の赤道面への投影面積 S の変化および傾圧の度合いによる.すなわち

ただし Ω は地球の自転角速度p は圧力,ρ は密度,t は時間とし,∮ は閉曲線に沿って反時計回り方向に行うものとする.別名を「循環加速の定理」ともいう.

C+2ΩS を絶対循環といい,もし上の式の第二項がゼロであれば絶対循環は保存される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

循環定理(ビヤクネス)の関連キーワードアンペールの法則閉曲線共融線アンペールの周回積分の法則グリーンの定理テーヴァン法則ビヤクネスの循環定理

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone