コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

循環定理(ビヤクネス) circulation theorem(Bjerknes)

1件 の用語解説(循環定理(ビヤクネス)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

循環定理【circulation theorem(Bjerknes)】

流体の実質と一緒に動く閉曲線に沿っての循環 C の変化は,その閉曲線の赤道面への投影面積 S の変化および傾圧の度合いによる.すなわち

ただし Ω は地球の自転角速度p は圧力,ρ は密度,t は時間とし,∮ は閉曲線に沿って反時計回り方向に行うものとする.別名を「循環加速の定理」ともいう.

C+2ΩS を絶対循環といい,もし上の式の第二項がゼロであれば絶対循環は保存される.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone