コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

循環定理(ビヤクネス) circulation theorem(Bjerknes)

法則の辞典の解説

循環定理【circulation theorem(Bjerknes)】

流体の実質と一緒に動く閉曲線に沿っての循環 C の変化は,その閉曲線の赤道面への投影面積 S の変化および傾圧の度合いによる.すなわち

ただし Ω は地球の自転角速度,p は圧力,ρ は密度,t は時間とし,∮ は閉曲線に沿って反時計回り方向に行うものとする.別名を「循環加速の定理」ともいう.

C+2ΩS を絶対循環といい,もし上の式の第二項がゼロであれば絶対循環は保存される.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

循環定理(ビヤクネス)の関連キーワードビャークネス(Vilhelm Friman Koren Bjerknes)ヴィルヘルム・フリーマン・コーレン ビェルクネスケルヴィンの循環保存定理循環定理(ケルヴィン)ビヤークネス流体力学循環定理

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android