コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微分解析機 びぶんかいせきき

百科事典マイペディアの解説

微分解析機【びぶんかいせきき】

微分方程式を数値的に解くための計算機。1931年V.ブッシュが作った円板の回転を利用する機械式が最初で,以後電気式が多種開発され,またこれらアナログ型のほかデジタル型微分解析機も出現。
→関連項目アナログ計算機計算機微分

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の微分解析機の言及

【ブッシュ】より

…また,戦後のアメリカの科学技術政策の基本方向に大きな影響を与えたブッシュ報告(1945)は,この戦時中の経験に基づくものである。 工学者としてのブッシュは,MITで行間自動調整タイプライター,自動ダイヤル式電話などの発明を行い,なかでも有名なものは1930年代初期の微分解析機の発明である。これは,後のコンピューターの原型となった。…

※「微分解析機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

微分解析機の関連キーワードシャノン(Claude Elwood Shannon)ブッシュ(Vannevar Bush)アナログコンピュータバヌバー ブッシュ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android