コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳光屋覚左衛門 とくこうや かくざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳光屋覚左衛門 とくこうや-かくざえもん

?-1634 江戸時代前期の商人。
越後(えちご)(新潟県)村上の大年寄。元和(げんな)6年(1620)伊勢神宮参詣(さんけい)の際,宇治茶の種子をもちかえり栽培,普及につとめ,今日の村上茶の基礎をきずいた。寛永11年6月26日死去。姓は土田。屋号は「とくみつや」ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

徳光屋覚左衛門

没年:寛永11.6.26(1634.7.21)
生年:生年不詳
江戸前期,越後(新潟県)村上茶栽培の元祖。姓は土田。徳光屋は屋号。「とくみつや」ともいう。村上町の町人。元和6(1620)年伊勢参宮の帰途,宇治に茶樹が広く栽培されているのをみて,茶による村上地方の興隆を計画。種子若干を持ち帰り,郷民に栽培法を教え普及をはかり,その晩年には茶畑は数十町歩まで発展するに至った。嗣子の2代覚左衛門が事業を継承,寛文年間(1661~73)に蒸して天日で乾燥させたと思われる黒蒸茶を創製すると,村上茶として珍重され,名声は隣国におよんだ。さらに茶畑保護のため瀬波海岸に砂防林を設け,今日の発展の基礎を築いた。<参考文献>横山貞祐『村上郷土史物語』

(小村弌)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

徳光屋覚左衛門の関連キーワード徳川家光コルネイユ(Pierre Corneille)カンファイスマトスロドリゲスマトスアルバネールガリレイナポリ派

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android