コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳道 とくどう

2件 の用語解説(徳道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳道 とくどう

656-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の僧。
斉明天皇2年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)の人。大和(奈良県)弘福(ぐふく)寺の道明(どうみょう)に師事。養老4-神亀(じんき)4年(720-727)のころ,道明のもとで長谷(はせ)寺を創建,また仏師稽主勲(けい-しゅくん),稽文会(けい-もんえ)に本尊十一面観音像をつくらせたという。俗姓は辛矢田部(からやたべ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

徳道

生年:生没年不詳
8世紀前後に生存した伝説的な僧侶,奈良長谷寺の開祖。出身は播磨国(兵庫県)揖保郡で俗姓は辛矢田部米麻呂といい,有力豪族であったらしい。出家,受戒して沙弥になるが,師は弘福寺(川原寺)の道明とも東大寺良弁とも伝えられる。『長谷寺縁起文』には徳道が聖武天皇の勅を受け,道明の指導のもとに精舎建立を発願し長谷寺を建立するに至る経緯が述べられている。近江国(滋賀県)高嶋郡白蓮華谷にあった霊木をもって稽主勲,稽文会のふたりの巧匠に命じて2丈6尺の十一面観音を造らせ,天平5(733)年に行基を導師として開眼供養を行ったとされる。行基の関与は疑わしいところもあり,長谷寺建立の時期は720年代と考えられている。なお,長谷寺縁起関係ではすべて「徳道」とされるが,『東大寺要録』第6末寺章長谷寺の項では「道徳」と表記されている。<参考文献>赤尾竜治編『徳道上人』,逵日出典『長谷寺史の研究』

(追塩千尋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徳道の言及

【西国三十三所】より

… 西国三十三所が巡礼路としての形を整えたのは,平安時代後期のことである。伝承によると,大和長谷寺の徳道上人,あるいは花山法皇が,仏道を求めて観音の霊場を一巡したことに始まるといわれる。三井園城寺の僧で,修験者として有名な行尊(1055‐1135)が始めたとも伝えられるが,札所の寺を詳細に検討すると,創立年代が事実とあわない点から,これらの説を用いることはできない。…

【長谷寺】より

…西国三十三所観音霊場の第8番札所。草創については諸説があるが,《日本紀略》《春記》《東大寺要録》から推考すると,721年(養老5)に大和川原寺の僧道明が山寺を構え,727年(神亀4)より良弁の弟子徳道が,その東南の高所の岩盤を基礎として2丈6尺の十一面観音立像と観音堂を建立し,行基を導師に落慶供養を行ったという。観音堂がすなわち豊山寺であり,道明の当初の山寺は,今日,本(もと)長谷寺として伝えている三重塔を中心とする一画がそれである。…

※「徳道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徳道の関連キーワード哥窯愚僧在世自存前後に暮れる世に在りロビンフッド生存率生存数道明

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳道の関連情報