コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心する ココロスル

デジタル大辞泉の解説

こころ・する【心する】

[動サ変][文]こころ・す[サ変]
十分に気を配って注意する。「過ちのないように―・する」→心して
その気持ちになる。心積もりする。
「仲頼、行正、今日を―・しける琴を調べあはせて、二なく遊ぶ時に」〈宇津保・俊蔭〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こころする【心する】

( 動サ変 ) [文] サ変 こころ・す
気をつける。注意する。用心する。 「 - ・してかかれ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

心するの関連キーワードルターの「九十五か条の論題」(抄)悪に強いは善にも強い兜の緒を締める心を入れ替える胸を撫で下ろす眉に唾を塗る重荷を下ろす骨髄を砕くうんじょう如くはない思い定める意を決する睫を濡らす腹に落ちる腹を決める腹が決まる肺肝を砕く愛で惑ふ愛で覆る塞き侘ぶ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android